キイロスズメバチの 駆除は早めの対策が重要

メンズ

人の住み家は安全?

男女

人の住み家を好んで、巣の場所に利用するキイロスズメバチ。順応が早いので、すぐに巣作りをして、その場所に慣れてしまいます。気付かぬ間に巣が肥大化していることも多いので、早めに駆除をしましょう。

Read More

準備するアイテム

ハチ

キイロスズメバチの駆除には、様々な準備が必要になります。防護服やゴーグル、手袋などを利用しないとケガをする恐れがあるためです。最悪の場合は死に至るケースもあります。経験豊富な専門会社に依頼しましょう。

Read More

自衛手段を身につける

ウーマン

駆除の間に、自分の身を守ることも重要です。ポイントを抑えて、キイロスズメバチから身を守りましょう。音や臭い、視覚などのポイントから、蜂の習性を把握することで危険を回避できます。

Read More

小さくても危険

家

キイロスズメバチはサイズが小さくても、その凶暴性は他のスズメバチと同等です。駆除する際には、最新の注意を払う必要があります。キイロスズメバチは春先に、民家の軒先に巣作りを始めます。駆除を行なう際には早めの対策を心がけましょう。春先に女王ハチが巣作りをして、その中で働き蜂を育てます。夏には働き蜂の軍隊が整ってしまうのです。そうなると、警戒範囲が広がり、たちまち巣には近づけなくなります。そのため、キイロスズメバチの駆除には危険が伴う夏や秋になる前に早めの対策をすることが重要なのです。夏に軍隊が揃い、秋には女王が新しい女王を産み育て始めます。重要な護衛対象のできる秋には、警戒範囲が一気に拡大するので、近くを通るだけでもかなり危険になります。そのため、退治をする時には、専門の会社に相談をした方が良いでしょう。キイロスズメバチの駆除では、なるべく蜂の行動が大人しくなる夜間や深夜に巣の撤去作業を行ないます。それでも、向かってくる蜂も多いので、防護服やゴーグルが欠かせない仕事です。巣も育ちすぎるとかなり重たくなるので、一人で撤去するのは難しい作業になることもあります。スズメバチが作った最大の巣では、8kg程度にもなる巣が発見されたケースもあります。周りへの被害も拡大するため、巣が肥大する前に対策をすることが重要です。巣を見つけたら、すぐに専門の退治会社への依頼を検討しましょう。早めに巣を撤去することで家族や、横を通る人が刺される危険性が排除できます。